動画広告のメリット

ソーシャルネットワーキングサービスにおいて、別に動画制作ということではなくて静止画でもいいのかもしれません。まずは、広告媒体として考えるとき、静止の方に向きあう企業もあるのかもしれません。

しかし、実際にどうせスタートするのなら、動画広告であり、動画広告の方が、 生活者へ届けられる情報量が圧倒的に多いメリットがあります。シンプルに、動画は伝えたいメッセージを効率よく伝えることができ、そこには、情報量が多いからこそ、生活者はテキストやバナーよりもメッセージを受け取ることが出来ます。商品やサービスのブランドイメージは、動画広告によって正確に、みる人たちに届けられることになります。そこに静止画があり、本来の広告のあり方とは、そのようなオーソドックスなものかもしれません。

しかし、昔の広告スタイルなら、そこに立ち止まって、じっくり見ている時間の余裕も幾分あったのです。しかし、現代社会においてどんどん時間のに流れがスピーディーになって、ソーシャルネットワーキングサービスと向きあい、数多くの人たちとスピーディーにコミュニケーションを多くかわすことを意識している人たちが、果たしてひとつの静止画に注目して長い時間がそこに留まるのでしょうか。